みのり幼稚園では、私学としての特質を十分に生かし、文部科学省基準(健康、人間関係、 環境、言葉、表現)に準拠して、総合的にかたよりのない充実した保育を行っています。

みのり幼稚園|Minori Kindergarten

園だより

10月の園だより
10月を迎え、秋も少しずつ深まってきています。実りの秋の季節です。又、芸術の秋でもあります。絵画活動や折り紙等の製作活動も子どもたちが大好きな活動です。落ち着いて取り組み、良く観る力を育てていきたいと思います。また、楽しみにしている運動会がありますので皆で力を合わせて練習を頑張って思い切り身体を動かし、子どもたち一人一人の運動能力向上に努めていきます。天気の良い日は秋の青空の下、お友だちと楽しく遊んで友達の輪を広げていきたいと思います。感染予防対策をしっかりとって安全に保育していきます。
9月の園だより
暑さもまだまだ続いていますが、朝・夕は風が涼しくなり、少しずつ秋の気配を感じる今日この頃です。子どもたちは、夏季保育から暑さに負けず元気に登園して来てくれています。緊急事態宣言も延長されましたが、子どもたちにとって大切な幼児期を一日一日大切に、そして安全に過ごせるように配慮し、感染予防対策をとりながら、楽しく過ごしていきたいと思います。また熱中症への注意も行ない、水分補給と休息をこまめにとっていきます。子どもたちの健康と安全を職員一同一丸となって守っていきたいと思います。
8月の園だより
楽しい夏休みの過ごし方
○明るい挨拶は、まずお家の方がお手本を示しましょう。
○早寝・早起きをしましょう。
○元気いっぱいのびのびと遊ばせ、お片づけも最後までするよう励ましてください。
○洗顔・うがい・歯磨き・偏食・冷たい物の食べ過ぎ等、健康管理に充分注意し病気にならないよう努めましょう。
○自分でしようとしている時はあせらず見守り、できた時は褒めてあげましょう。
※以上のようなことに気をつけ、楽しい生活の中にもルールのあることを教えてあげて子どもとのふれあいの場をたくさんもちましょう。心を育てるしつけに力を入れ豊かな心とたくましい子どもを目標に、子どもと共に楽しい時間を過ごしましょう。
7月の園だより
暑さも日に日に厳しくなってきて、夏を迎えます。クラスの皆で大切に育てていたかいこが大きく育ち、繭になりました。絹糸のつややかな光沢のある白く美しい楕円形のかわいらしい繭です。かいこの成長と繭になるまでを体験し、かいこの役割や、命についても考える機会となりました。7月7日の七夕には短冊に願い事を書き、笹の葉に飾ります。自然への興味や、日本の伝統行事への関心を持ってくれるように導いていきたいと思います。また、きらきらステージの発表を楽しみにしながら、皆で練習をしています。練習の過程を大切にしながら、発表する喜びや充実感を皆で共有し、成長に繋げていきたいと思います。
6月の園だより
梅雨に入りますと雨の日が多くなりますが、雨上がりの園庭では子どもたちが元気に遊んでいます。晴れ間を見つけては、戸外で思い切り身体を動かして遊びたいと思います。また、雨の日でも室内で楽しく過ごせるように工夫し、保育していきます。絵画活動や、粘土・折り紙等も落ち着いて取り組んでいきたいと思います。
5月の園だより
5月のさわやかな風に、園庭のこいのぼりが泳いでいます。子どもたちは外遊びが大好きで、元気いっぱい園庭で遊んでいます。一人ひとりの気持ちに寄り添い、一緒に遊びながら信頼関係を深めていきたいと思います。入園・進級して1ヵ月が経ちます。クラスのお友だちとも仲良くなり、お友だちの輪も広がってきています。4月に入園してきた子どもたちも少しずつ園生活に慣れ、自分でできることも増えてきています。園生活の活動を通して心身共に成長していけるように導いていきたいと思います。
4月の園だより(進級園児)
進級おめでとうございます。春の爽やかな風の中子どもたちは楽しみにしていた新しいクラスに喜びと期待で胸を膨らませています。新しいクラスの先生やお友だちと仲良くなり、安心して園生活が送れるように一人ひとりの気持ちをしっかり受け止め、寄り添って関わっていきます。職員一同一生懸命保育をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。
4月の園だより(新入園児)
ご入園おめでとうございます。新しい出会い、経験に胸膨らむ春です。爽やかな春風、色とりどりの花々、すべてがお子様のご入園を心から祝っているようです。幼稚園生活へ「はじめの一歩」を踏み出した子どもたちの力を信じ、笑顔で送り出してください。一日も早く園に慣れるように保護者の皆様と協力し合って、職員一同子どもたちの気持ちに寄り添い、安心して園生活が送れるようにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
pagetop